人生や仕事の質を高める

すべての事をする時間はないが、

最も重要なことをする時間は十分にある。

 

より遠い未来について考えれば考えるほど、

それを実現するためのよりよい決断を、

今、下すことが出来るのです。

 

成功は、

失敗の向こう側にあるのです。

 

あなたの現在、そして未来は、

すべてあなた次第なのです。

 

現在のあなたの姿は、

これまであなたが選んできた決断と

行動の積み重ねです。

 

あなたが生き方を変えれば、

未来はいくらでも変えられるのです。

 

成功者はたいてい、

目標を紙に書いてリストアップする習慣を

持っているものです。

 

成功者の家には、

たいてい大きな本棚があり、

貧しい人の家には、

たいてい大きなテレビがある事に

私は気付きました。

 

人は、自分の持っているものしか

他人に与えることは出来ません。

 

自分が不幸なのに、

他人を幸せにすることなど

出来はしないのです。

 

あなたより優れた人間はいないし、

あなたより利口な人間もいない。

 

あなたの上を行く人がいるとしたら、

それは単に、あなたより

早くスタートを切ったというだけのことだ。

 

あなたの目標を妨げる唯一の障害は、

あなた自身が

心の中に勝手に作った壁だけなのです。

 

間違った決断は、

最後まで下されなかった決断に優る。

 

 

人生や仕事の質を高めるためにできることは、

本質的には四つの方法しかない。

 

①「重要なことを増やす」

あなたにとって大切なことや意味が感じられることには、

それにかける時間や行動を増やして、より力を入れればよい。

そうすれば、あなたはより大きな報酬や、満足感を得ることができるようになる。

 

②「重要でないことを減らす」

比較的重要でない活動は、減らすか、どこかで中断する必要がある。

そうしなければ、大切なことに全力を注ぎたいときに、

それが思いがけない障害となってします。

 

③「新しいことを始める」

あなたにとって役に立つ新しい技術を身につけたり、

新しいプロジェクトや活動に参加する。

これは、仕事やプライベート、人生の力の入れどころを変えてみるということでもある。

 

④「あることを完全にやめる」

客観的な視点で人生を見直し、あなたが欲しいものや

目指す方向と一致しないなら、そこから完全に手を引くほうがよいだろう。

戦略プランニングとは、何よりも、現状を明確に認識することから始まる。

偉大な明日を築きたいなら、うまくいっていないことをやめればいい。

正しいことにもっと時間を割きたいなら、間違ったことをやめるにかぎる。

 

 

製品・サービスにゼロベース思考を応用してみよう。

もう一度最初からやり直すなら、二度と投入しない、提供しない、

あるいは販売しないと思うものはないだろうか。

今提供している製品・サービスは、八十パーセントまで五年も経てば

まず時代遅れになっているだろう。

 

市場の変化のスピードを考えれば、一からやり直しと言われたら、

今さらとても、と思うものがあるはずだ。

これらは提供を中止したり、市場から撤退する製品の筆頭候補になる。

 

マーケティングには四つの柱がある。

特化、差別化、細分化、集中化の四つだ。

 

四つとも取り入れてうまく展開しないかぎり、市場で生き残り、繁栄することはできない。

どれかひとつでも抜けていたり、手薄だったりすれば、

目標に手が届かないどころか、破綻という結果さえ招きかねない。

出費を惜しんでコストを削る努力は、いつだって大切だ。

だが、いくら爪に火を灯してみても、事業の成功には至らない。

 

ブライアン・トレーシー

 

たきがみ博士

 

◇住所

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19

YDM百合ヶ丘ビル5階

 

小田急線百合ヶ丘駅

徒歩3分

 

◇電話

044-955-3061

 

◇E-Mail

tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 

たきがみ博士

  旬(ときめき)亭

  亭主 たきがみ博士